しおじのブログ

渋谷のベンチャーで経営企画担当 → マニラで人事(みたいなこと)

英語で大学・大学院の推薦状を書くときに気をつけるべきこと

ここフィリピンに来て最も難しかった英語ライティングが 「スタッフの大学(院)への推薦状書き」である。 実は、「大学に行こうと思うんだけど、Recommemded Letter(もしくはRefference)を書いてくれないか」と聞かれることが2回ほどあった。 自分も大学院に…

今年の振り返り(2016年版)

今年も書いていたいと思います。振り返り。 2015年版はこちら 2014年版はこちら 2015年版の中で2016年にやろうと思っていることとして、 ・自然体 ・自分のオリジナリティを作る ・バウンダリースパンナーとしての生き方 ・年100冊本を読む を挙げています。…

フィリピンに来て1年半の振り返り

先日、フィリピンに来てちょうど1年半が経過した。 この10月からは少し仕事の内容が変わってしまったのだが、つい先日まで約80名ほどのフィリピン人をマネジメントしていた。 僕がフィリピンで体験したこと・考えたことを書き残しておきたいと思う。 実際、…

夢が教えてくれる自分の問題点

ここ最近、よく夢を見る。 日本にいた頃はそんなに見たかな?と思うくらい、毎日のように夢を見ている。しかも起きた時にはっきりと覚えている。 ただ、朝動き出してしまうと忘れてしまうので、なるべく動かずぼーっとしてその夢の内容を考えたりする。 たと…

ANAのビジネスクラスに乗ったよ(羽田→バンクーバーNH116便)

いきなり正直に言いますと、僕飛行機が大好きなのです。 旅行も好きなのですが、空港・もしくは飛行機そのものが好きだったりします。 乗り物全般が好きなので、電車も好きなのですがどちらかといえば飛行機派です。 そんな僕が10月末に、カナダ→アメリカに…

フィリピンの道とん堀(DOHTONBORI)のUXは日本のお好み焼き店を上回っていると思う

先日、お好み焼きの「道とん堀」に行ってきました。 メトロマニラのSM City North EDSAにある店舗なのですが、大満足でした。 その時の体験とフィリピンのサービスレベルについて書いてみたいと思います。 お店ではタヌキが迎えてくれました。 ディスプレイ…

キャリアについて考えた話@シカゴ

先週末、フィリピンでは4連休でした。代休があったこともあり、+ 有給を使って思いきってカナダ→アメリカに飛んできました。 旅程は マニラ→東京→バンクーバー→トロント→シカゴ→東京 を8日間で。 実際は各都市1日半程度で次の場所に行く強行軍でした。 バン…

みんなが「逃げられる」わけではないからこそ守ってあげなければ(過労死した新入社員に思うこと)

いてもたってもいられず、久々に記事を更新してみます。 ↓の件について。 newspicks.com 人が自ら命を絶つような労働環境は絶対に許されないことは言うまでもありません。 「逃げればいい」 そういう人がいます。それは確かに正論です。 この国には「職業選…

2016年6月に読んだ本

今月の本です。なんだかバラエティ豊かなような、そうでもないような。 悩みどころと逃げどころ 悩みどころと逃げどころ(小学館新書) 作者: ちきりん,梅原大吾 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2016/06/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件)…

東南アジア3都市(ホーチミン・バンコク・クアラルンプール)に行ってみた

昨年6月末からフィリピンに来てまもなく1年。 仕事以外でたてた「1年以内に達成する目標」として、「東南アジアをまわろう」というものがありました。 最低4か国、ただし行ったことのあるシンガポールは抜かすという条件で自分に課しました。 で、結果は・・…

おせっかいおじさんになろう

僕が新卒のころのお話。 新卒の頃は、かなり怒られた記憶があります。 先輩の方々は怖い人たちだという思いがありました。 でも、今になってみると、怒られたことにもなんらかの意味があったのだなぁと思ったりします。 翻って今、逆に先輩の立場に立ったわ…

2016年5月に読んだ本の紹介

今月読んだ本の紹介です。 道は開ける 道は開ける 文庫版 作者: D・カーネギー,香山晶 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2016/01/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 即戦力がつく英文ライティング 即戦力がつく英文ライティング 作者: 日向清人 …

大統領選挙がまもなく!なフィリピンを分析してみる。

フィリピンでは大統領選挙が5月9日におこなわれる。(Philippine presidential election 2016) 最近、街はかなり選挙モードになってきた。たとえば、セブンイレブンでドリンクを入れられるカップ(セブンカフェみたいなもの)に大統領候補の顔がプリントされて…

2016年4月に読んだ本の紹介

今月読んだ本の一覧です。数としては8冊ですが、ページ数が多いものもあるので、分量はいつもどおりくらいでしょうか。 影響力の武器 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか 作者: ロバート・B・チャルディーニ,社会行動研究会 出版社/メーカー: …

ANAはマニラ-成田線を1往復増やすべき!

この前、アメリカ(ニューヨーク)に旅行していたフィリピン人のスタッフとランチをしていたのですが、「ニューヨークってマニラからどう行くの?」(直行便あるの?)っていう話になりました。 で、答えとしては、「香港経由(キャセイパシフィック)」とのこと。…

グロービス経営大学院卒業にあたって

2013年から単科生として1年間、大学院生として2年間過ごしてきたグロービス経営大学院の卒業が確定しました。 卒業にあたってこの3年間で変わったこと、成長したことをあげるのはキリがないのですが、大枠で6つ挙げてみたいと思います。(多いね。。でもまと…

2016年3月に読んだ本の紹介

さて、今月読んだ本の紹介です。 好きなようにしてください 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則 作者: 楠木建 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 海外…

アジアを理解するには今住んでいる人の話を聞くこと

つい先日、日本から来客がありました。 フィリピンの市場調査目的だったのですが、その中で自分で話をしながら「そうだなぁ」とおもったことがあったので書き残しておきます。 その話とは、「マニラはガラガラ変わっているので、過去のマニラを前提としたア…

海外駐在時のストレスにどう対処するべきか?

今日は自分自身の経験といろいろ調べた結果から、駐在員として海外で働く人のストレスとその対処法について書いてみたいと思います。 ※なので、基本的には「私見」とそこに引用が混ざる記事になっています。というのも、僕はその方面の専門家ではありません…

2016年2月に読んだ本の紹介

先月に引き続き、今月読んだ本の紹介です。 破壊者の流儀 不確かな社会を生き抜く"したたかさ"を学ぶ 破壊者の流儀 不確かな社会を生き抜く"したたかさ"を学ぶ<破壊者の流儀 不確かな社会を生き抜く"したたかさ"を学ぶ> (アスキー新書) 作者: 田中愼一,山田…

【メモ】旧正月(春節)が祝日になる国一覧

2016年の旧正月(Chinese New Year)が目前に迫っています。メモ的に旧正月(春節とも言います)が祝日になるところを一覧で書き残しておきます中国・・旧正月の日から3日間(これとは別に企業が2日間休み扱いして、週末含め丸1週間の休みにする場合が多い)台湾・…

2016年1月に読んだ本の紹介

今月・1月に読んだ本を紹介します。 書評ではなく単なる羅列です。 競争の戦略 競争の戦略 作者: M.E.ポーター,土岐坤,服部照夫,中辻万治 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 1995/03/16 メディア: 単行本 購入: 11人 クリック: 145回 この商品を含む…

【メモ】中国語が英語並に求められる時代が来るのかも

もう結論を件名で書いてしまいましたが・・ 年末シンガポールに行ってきました。もう3回目?4回目?なので、フィリピンに次いで行った回数が多い国になりました。 今回は、ベトナム+シンガポールに滞在して、現地で働いている日本人に話を聞いて回っていまし…

ネチネチいこう

大学院で聞いた言葉で印象に残っているものはいくつもあって挙げきれないくらいなのだが、最も印象に残っている言葉の一つが、 「ネチネチPDCAを回す」 というもの。 とあるクラスで出てきた言葉だが、 自分が実現したいものに対し、こだわって・しつこく・…

【書評】『上達の法則』

『上達の法則』という本の紹介です。 上達の法則 効率のよい努力を科学する (PHP新書) 作者: 岡本浩一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2012/05/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 英語学習でもスポーツでもなんでもいいのですが、せっ…

今年の振り返り(2015年版)

毎年やっている「今年の振り返り」の2015年版です。 去年はこちら。 shiog.hatenablog.com 一昨年以前のものも実はあるのですが、ブログをはてなに引っ越す際に捨ててしまいました・・。もったいない・・。 さて、今年がどんな年だったかというと、「暗中模…

2016年は「異文化」の年になる

2015年も気がつけば残り2週間です。 12月に入った頃くらいは全然年末感がなかったのですが、昨日くらいから急に年末って感じがしてきました。 久々に日本に帰りますしね。日本でお会いする皆さまどうぞお手柔らかにお願いします。あと、日本が寒そうすぎて風…

なぜ国語は4技能化されないのだろうか?

英語教育は近年4技能化が叫ばれている。 4技能とは、 ・ライティング ・リーディング ・スピーキング ・リスニング のことで、ことさらインプット(リーディング)だけが要求されてきた学校英語教育の反省として近年言われている話だ。 TOEICがリーディング…

ROAをWACCよりも高めよ → 【書評】『よくわかるROE経営』

今日はこちらの本。 よくわかる ROE経営 作者: 小宮一慶 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/10/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「ROEとは何か」というレベルから、ROE重視経営が流行った背景となった「伊藤レポート」につ…

勇者の時代

子どもの頃、最もやりこんだゲームはなんでしたか? 僕の場合はたぶん「ドラクエ3」だったかなと。 飽きっぽいせいかRPGって子どものころあまりやらなかったんだけど、これだけはハマった。 最近スマートフォン向けに発売されてたので、改めてやってみたんだ…

困ってくれなきゃ困る

備忘録です。 今日は、「困ってくれないとこっちが困る」という話。 海外に出ると、日本の当たり前のサービスがないことはよくあるんだけど、 じゃあ持って行ったからといってすぐに成功するかというとそうでもない。 なぜそうなるかというと、「そもそもニ…

英語ができるようになる方法を考える(その2) - 現在地点を測る

前回、その1 を書いてからすでに半年以上。 すでに書く書く詐欺になっていたので頑張って取り返したいと思います。 前回は、目標をどう立てるか?がテーマだった。 一言でいえば、「英語ができるようになる」の定義はかなり主観的なものになるので、自分が…

「英語は通じればいい」は中級者まで

かなり久々に英語の話。 最近、周囲に英語の「発音・語彙・ライティング」を特訓したいと話している。 なぜかというと、「もっと洗練された英語」を使えるようになりたいと思っているから。 もう少し言うと、「日本人だらか英語ができなくても仕方ないよね」…

僕がANAプレミアムメンバー・スーパーフライヤーズカード(SFC)会員になった方法

私、ANAスーパーフライヤーズカードの会員です。 www.ana.co.jp ということで、今日はANAのプレミアムメンバーサービスとスーパーフライヤーズ会員について紹介します。 ANAプレミアムメンバーって? ANAには、ANA便の利用が多い人向けのサービスがあります…

人の価値も ファイナンス的に PV = CF / r で → 【書評】『私はいくら?』(野口真人著)

さて、今回はこちらの本。 私はいくら? 作者: 野口真人 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/09/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「私はいくら?」という少し変なタイトルな気がしますが、この本はファイナンスの理論を人材開…

問題をすりかえない

今日は「問題のすりかえ」について。 よくある話として、「○○人は××」という決め打ちのような言い方があるかと思います。 異文化において、(例えば)「ここの人の働き方はルーズで時間を守らないんだよね」ということを言ってしまうことがあります。 でも、同…

おかげさまで9月は過去最高の月間アクセス数でした

すでに、言いたいことはタイトルで言い切ってしまいましたがw、9月は過去最高のアクセスを頂戴しました。 はてなでブログをはじめて間もなく1年ですが、ここ2ヶ月くらいはMoM+30%以上の伸びでアクセスをいただいています。 せっかくですので、このブログで…

海外で異文化をマネジメントする難しさと楽しさ(その2) → 【書評】『異文化理解力 - 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 』

「その2」はこちらの本 異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 作者: エリン・メイヤー,田岡恵 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2015/08/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ※「その1」はこちら 海外で異…

海外で異文化をマネジメントする難しさと楽しさ(その1) → 【書評】『日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの 』

今年読んだ本の中で一番心を打たれた本かもしれない、というレベルの本です。 すでにご承知のとおり?海外に移住しているわけですが、何冊か海外駐在とか海外で働くことについての本を読みました(not 海外就職)。 その中でも最もimpressive だったというか、…

【書評】 『グローバル思考の英会話』

今日は『グローバル思考の英会話』を紹介します。 この本は、ビジネスの場面で英語を日常的に使う機会がある人で、相手になかなか話の内容が伝わらないと思っている人におすすめです。 さて、「グローバル」ってなんだよ?っていう話ですが、「グローバル=ア…

新卒で入った会社から「転職」しようと思っているあなたへ

※この記事は2012年頃に別ブログで書いたものを加筆修正したものです。 ----最近、どういうわけか、進路の相談を受けることが多い気が。(社会人数年目の20代中盤からも、年下の大学生からも) 僕が興味があって首を突っ込んでるという面もあるかなと思うんだけ…

【書評】『自分でやった方が早い病』

※この記事は2012年に別ブログで書いたものをそのまま転載したものです。 今日は『自分でやった方が早い病』という星海社新書から出ている本について、書評を書いてみたいと思います。 自分でやった方が早い病 (星海社新書) 作者: 小倉広 出版社/メーカー: 講…

【書評】『戦後経済史』(野口悠紀雄著)

とある方に教えていただき、こちらの本を読んでみました。 『戦後経済史』 野口悠紀雄著 戦後経済史 作者: 野口悠紀雄 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/05/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る どうやら僕は「戦後」というものを…

【メモ】スカパーJリーグオンデマンドを解約する方法

数か月前、こんなことを思いました。 「あーそうか。海外に行くとJリーグ見れないんだよなぁ。。。 あっ、そうだ。『Jリーグオンデマンドがあるじゃないか!』」 ってね。 僕、この時知らなかったんですよ。 「Jリーグオンデマンドを見れない国がある」 って…

【小ネタ】メイソウ@上海に行ってきた

今年の5月に上海へ行ったときの話。 少し前にちょっと話題になってた、「メイソウ」という謎のお店を通りかかったので入ってみた。 「日本の優良ブランド!」といっておきながら日本人は誰もしらないという謎ブランドメイソウ。 「MINISOU」なのに、「メイソ…

「グローバル人材」に必要な条件を挙げてくださいと言われたら何と答えますか?

タイトルを質問からはじめてみましたが、「グローバル人材」に必要なものは何でしょうか? 今日はそんな感じの話。 経済産業省には『グローバル人材育成委員会』っていうのがあったそうです。すごいな・・ グローバル人材育成委員会(METI/経済産業省) この…

年収推移を米ドル換算すると円安のきつさが身にしみる

前回、こんなことを書いたので、今回は為替について。 今、危機感を感じていることの一つが為替です。 今現時点での円安傾向は一個人としては危険だなぁと感じるわけです。 なぜならグローバルで見た時に日本人の収入もしくは可処分所得はどんどん減る傾向に…

海外駐在の際に銀行口座をどうすべきか?

海外に駐在する際にはいくつか決めなければいけないことがありますが、 そのうちの一つに「銀行口座をどうするか?」があると思います。 単なる海外旅行や出張と違い、日本から必要な分もっていって両替する、ではもちろんダメです。数十万円も一気に持って…

大学院を続けるか迷ったときに考えたこと

前回駐在すると書いたあとに聞かれたことトップ2がこちら 1:「どこに住むの?」 2:「大学院どうするの?」 前者は置いておいて、後者について思ったことをつらつらと書いてみようかと。 どうするかということについては結局通い続けることに決定。 しばらく…

やったことがないことをやろう(海外駐在します)

いきなりだけど動画の紹介。 www.youtube.com この動画、茂木健一郎さんがいきなり、「無限ってなんですか?」って聞いてます。 無限ということは、「次」があることらしい。 で、次のステップということで、この動画では最後に 「今まで自分が絶対にやった…