読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しおじのブログ

渋谷のベンチャーで経営企画担当 → マニラで人事(みたいなこと)

書評

2016年3月に読んだ本の紹介

さて、今月読んだ本の紹介です。 好きなようにしてください 好きなようにしてください―――たった一つの「仕事」の原則 作者: 楠木建 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/05 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 海外…

【書評】『上達の法則』

『上達の法則』という本の紹介です。 上達の法則 効率のよい努力を科学する (PHP新書) 作者: 岡本浩一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2012/05/23 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 英語学習でもスポーツでもなんでもいいのですが、せっ…

ROAをWACCよりも高めよ → 【書評】『よくわかるROE経営』

今日はこちらの本。 よくわかる ROE経営 作者: 小宮一慶 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/10/09 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「ROEとは何か」というレベルから、ROE重視経営が流行った背景となった「伊藤レポート」につ…

人の価値も ファイナンス的に PV = CF / r で → 【書評】『私はいくら?』(野口真人著)

さて、今回はこちらの本。 私はいくら? 作者: 野口真人 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2015/09/04 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 「私はいくら?」という少し変なタイトルな気がしますが、この本はファイナンスの理論を人材開…

海外で異文化をマネジメントする難しさと楽しさ(その2) → 【書評】『異文化理解力 - 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 』

「その2」はこちらの本 異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養 作者: エリン・メイヤー,田岡恵 出版社/メーカー: 英治出版 発売日: 2015/08/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ※「その1」はこちら 海外で異…

海外で異文化をマネジメントする難しさと楽しさ(その1) → 【書評】『日本人が海外で最高の仕事をする方法――スキルよりも大切なもの 』

今年読んだ本の中で一番心を打たれた本かもしれない、というレベルの本です。 すでにご承知のとおり?海外に移住しているわけですが、何冊か海外駐在とか海外で働くことについての本を読みました(not 海外就職)。 その中でも最もimpressive だったというか、…

【書評】 『グローバル思考の英会話』

今日は『グローバル思考の英会話』を紹介します。 この本は、ビジネスの場面で英語を日常的に使う機会がある人で、相手になかなか話の内容が伝わらないと思っている人におすすめです。 さて、「グローバル」ってなんだよ?っていう話ですが、「グローバル=ア…

【書評】『自分でやった方が早い病』

※この記事は2012年に別ブログで書いたものをそのまま転載したものです。 今日は『自分でやった方が早い病』という星海社新書から出ている本について、書評を書いてみたいと思います。 自分でやった方が早い病 (星海社新書) 作者: 小倉広 出版社/メーカー: 講…

【書評】『戦後経済史』(野口悠紀雄著)

とある方に教えていただき、こちらの本を読んでみました。 『戦後経済史』 野口悠紀雄著 戦後経済史 作者: 野口悠紀雄 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2015/05/29 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る どうやら僕は「戦後」というものを…