しおじのブログ

渋谷のベンチャーで経営企画担当 → マニラで人事(みたいなこと)

ANAはマニラ-成田線を1往復増やすべき!

 

この前、アメリカ(ニューヨーク)に旅行していたフィリピン人のスタッフとランチをしていたのですが、「ニューヨークってマニラからどう行くの?」(直行便あるの?)っていう話になりました。

 

で、答えとしては、「香港経由(キャセイパシフィック)」とのこと。

たまに成田経由もあるけど~的な感じ。

 

フィリピンだと「香港経由」の存在感って大きいんですよね。

 

キャセイパシフィックのマニラ-香港はこんな感じ。

 

f:id:hishionoya:20160422143350p:plain

 (キャセイパシフィックのWebサイトのキャプチャ。検索日に意味はありません)

 

1日6往復!(復路はコードシェア便も混じってるから見切れてる・・)

6往復って東京-高松@ANAと同じですよ!(ってすごさが伝わりづらいか・・)

 

一方、日本代表?ということで、ANAはこちら

f:id:hishionoya:20160422142110p:plain

(ANAのWebサイトのキャプチャ)

今適当に調べた検索結果です。 1日2往復ですね。

 

ANAの羽田-マニラと成田-マニラを両方とも頻繁に利用している者として、両者の客層は全然違うのに驚きます。

日本人:外国人比率が7:3(羽田)・3:7(成田)みたいになっている。

しかも、最近成田の方が高い!羽田-マニラの方が安く買えることが増えてる気がする。

 

これは明らかに訪日の外国人だけでは説明がつかず、東南アジア-アメリカ間のお客さんが乗っているっていうことだと思うんですよね。

 

この、東南アジア-アメリカ間をもっともつかんでいるのがキャセイなのではないかと。

この便数の差はANAとキャセイのアメリカ方面-フィリピンのお客さんを獲得できているかどうかの差ではないかと。

(香港に住んでいるフィリピン人の数というのと、ヨーロッパ中国など他方面の乗り継ぎ客も取れるという面もあるけど。)

 

ANAは「首都圏デュアルハブ」という構想を掲げているわけだし、もっと成田経由米国行きにフィリピンからの搭乗者を乗せられるのではないかと!

 

www.anahd.co.jp

 

具体的には深夜1時マニラ発朝6時半成田着→午前中のニューヨーク便とかヒューストン便とかありえると思うんですけど、どうですかね、ANAさん。